ミステリー・サスペンス・グロイ

【シグナル100】自殺催眠をかけられた生徒たちの明日はあるのか?

シグナル100

シグナル100 1

無料試し読みはこちら↑

あらすじ・感想

下部先生は嫌われ者でクラスの成績が悪くなっていることで校長に責められる、普段から生徒の言いなりになって授業もできずにいた

もう我慢の限界に達していた下部先生は一人一万円払うから授業を受けてくださいと生徒に土下座をする

視聴覚室に生徒たちを呼び出した下部は映像と音楽を聞かせて「100の自殺暗示催眠」をかける。

それは普段当たり前にしている行動が死につながる暗示催眠で高校生たちは次々に死んでいく、パニックに陥る生徒たち絶望必死のゲームが始まる。